スポンサーリンク
子育て

【実践中】中間反抗期における小学3年・4年生の自己肯定感の高め方

子育て
バンビ
バンビ

小学4年生の娘と2歳の息子を子育て中のバンビです。

早速ですが、お子さんに

『早く〇〇しなさい。』

『ちゃんと〇〇しなさい

といった、声掛けをしたことはありませんか?

私はこのような声掛けも、この後に続ける言葉も「子供の為」を思っての言葉のつもりでした。

ですが、子どもはそうは受け取ってはいない。

ただただ、ネガティブなメッセージとして受け取っていたのです。

私は中間反抗期(ギャングエイジ)における娘の自己肯定感の低下に悩んでいました。

そこで育児本を読み漁るのですが、1冊の育児本に書かれた衝撃的な内容を目にします。

子どもの自己肯定感は、親の言葉によってつぶされている

バン
バン

私が自己肯定感を下げていたの!?

かなりの衝撃を受けたことを覚えています。

思い返すと、心当たりしかありませんでした。

一気に本を読み終えた私は、本に書かれていた通りの「自己肯定感を高める」作戦を行ったのです。

この記事では娘の言動を紹介すると共に自己肯定感を高める作戦の内容と結果をご紹介します。

我が娘の自己肯定感の低下

言葉の変化

バンビ
バンビ

(テストで間違ったところを確認後)

これ、なんで間違っているかわかる?

小4・娘
小4・娘

わからへんしいいねん。

私アホやし。

勉強だけでなく、日常的なことにも前向きな言葉より、後ろ向きな言葉が増えていきました。

一方で中間反抗期ならではのイライラした発言も多く聞かれました。

我が子の中間反抗期の実例はこちらで紹介しています。

言葉

・私、あほやもん

・なんでもいい

・やりたくない

・分からへん

・(友達と)遊びたくない

・一人がいい

・めんどくさい

・知らんし

行動の変化

行動が消極的になった一方でお友達に関係することは必死に行動していました。

中間反抗期ならではの特徴である、親よりも周りにいる友達からの影響を強く受けている様子を目の当たりにしました。

家以外で頑張っているのでしょう。

お友達関係でストレスが溜まるようなことがあった時は家ではイライラすることが増えていきました。

我が子の中間反抗期の実例はこちらで紹介しています。

行動

・授業中手をあげない(あげられない)

・「やりたいこと」や「すること」を人任せにする

・物事を否定的に捉えて落ち込む

・集中できない

・人(お友達)に常に合わせた行動をとる

・お友達がスマホやLINEを始めたら、自分もしたいと必死に訴えてくる

小4・娘
小4・娘

ママ!!

私だけスマホ持ってない!

みんなLINEしてる。

私だけ話に入れてない!!!

バンビ
バンビ

スマホなんてまだいらないでしょ。

それに「みんな」ってことはないんじゃないの。

お友達のママに聞いたけど、

〇〇ちゃんと〇〇ちゃんだけやったよ。

LINEだってしてるの〇〇ちゃんと・・・。

それに、「スマホの話もしてない」ってお友達言ってはったよ。

小4・娘
小4・娘

・・・・。

いいんやね。私だけ話に入れなくても。

バンビ
バンビ

いやいや、そんなことないでしょ。

もうこんな時間やし

早く宿題しなさい

後程、記載しますが私の返答は【NGワード(呪いの言葉)】のオンパレードです。

自分では正論を言ってると考えている為、自分の言葉について振り返ることが出来ていませんでした。

自己肯定感を高めるための行動開始!

バンビ
バンビ

何とかしなきゃって思うけど、

今の私の言葉を素直に聞いてくれないし・・・

子供に本を贈る

娘が3年生になった頃から私の言葉を素直に聞かないようになり、悩みました。

恥ずかしながら、「こうしたら?」という言葉も「ほっといて!」という感じです。

自分に自信を持ってほしいと願っていたので、はじめに行動したことは子供に本を贈ることでした。

今は親の言葉より他人の言葉の方がスッと心に響くかなって思ったのです。

というのも、好きなアイドルや俳優さん、漫画の登場人物等の言動にはかなり影響されているところがあったからです。

小学生の女の子に支持を受けていると人気の本を含めて合計で4冊購入しましたが、その中の1冊の紹介を下記で紹介しています。

9歳の頃には本棚にしまったままだった下記の本も10歳になってから頻繁に開くようになりました。

娘にとって、心が不安定になるような何かがあったと思われる時には一緒に読むこともあります。

育児本を読み漁る

バンビ
バンビ

4年生になってイライラすることが増えたり、自己肯定感がさらに下がったような。

4年生になって、さらなる娘の変化を感じた私は、様々な育児本を読みました。

この記事ではその中の1冊、

子どもの自己肯定感を高める10の魔法のことば [ 石田 勝紀 ]」についてご紹介します。

冒頭でもお話しましたが、子どもの自己肯定感の低下は私の声掛けが原因の一つであり、ここを変えないといけないのだと自覚しました。

そう気づかせてくれた一節がこちらです。

 子どもは勝手につぶれない。

 子どもは親の言葉によってつぶされている。

という現実でした。

 そして何がつぶされているのかといえば、それは自己肯定感です。

子どもの自己肯定感を高める10の魔法のことば 本文より引用

バンビ
バンビ

私の言葉で自己肯定感が下がっていたなんて。

上記でもご紹介した通り、私の会話の返答は多くのNGワードが隠れています。

子どもの言葉を認める前に「否定」したり、「早く」と急き立てたり・・・。

これらが声掛けの「NGワード」であり、「自己肯定感を下げている」と気付かせてくれたのが

こちらの本です。

参考文献について

参考文献の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「早くしなさい!」「ちゃんとしなさい!」「勉強しなさい!」子どもに向かって、毎日こんな言葉をかけてはいませんか?

実は、こんな何気ない言葉が、子どもの自尊心をつぶしています。

親が使う言葉を変えると、子どもの自己肯定感は高まり、自己肯定感が高まると、学力も驚くほど伸びていきます。

魔法のような言葉がけを、ぜひ、今日からためしてください。

子どもの自己肯定感を高める10の魔法のことば | 石田 勝紀 |本 | 通販 | Amazon

著者について

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

石田/勝紀

1968年、横浜市生まれ。20歳で学習塾を創業。これまで3500人以上の生徒を直接指導する傍ら、講演会、セミナーなどを通じて、のべ5万人以上の子どもたちを教えてきた。34歳で、都内私立中高一貫校の常務理事に就き、経営、教育改革を敢行。2018年4月より都留文科大学特任教授に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

子どもの自己肯定感を高める10の魔法のことば | 石田 勝紀 |本 | 通販 | Amazon

目次(文献の内容)

○はじめに あなたは呪いの言葉を使っていませんか?
○第1章 自己肯定感が低い日本の子どもたち
○第2章 子どもの自己肯定感を高める10の魔法のことば
○第3章 悩めるママたちの相談室
○第4章 お母さんの自己肯定感も高めてしまいましょう

私(親)が子供の自己肯定感を下げていた

バンビ
バンビ

子どもの自己肯定感を下げる言葉ってなに?

自己肯定感ってなに?

自己肯定感が高い子ってどんな子?

呪いの言葉(NGワード)って?

普段の何気ない声掛けの中に潜むNGワード

そのNGワードのことを著者は「呪いの言葉」と表現しています。

そしてこの3つのワードはどれも

「人から言われないとやらない」自主性を失わせる言葉

だったのです。

子どもの自己肯定感を破壊する3つの呪いの言葉とは

①早くしなさい

②ちゃんとしなさい

③勉強しなさい

子どもの自己肯定感を高める10の魔法のことば 第一章より

自己肯定感の定義って?

著者は以下のようにおっしゃっていました。

娘にも自分に対する肯定的な思い込みをもってもらいたい」と願いました。

自己肯定感とはなんでしょうか?さまざまな定義があるかと思いますが、私は「自分のことを価値ある人間である、素直に大切な存在であると感じる心」と捉えています。

シンプルに言うなら、自分が好きで自分に自信がある、ということです。

それは「自分に対する肯定的な思い込み」といえます。

子どもの自己肯定感を高める10の魔法のことば 第一章より

自己肯定感の高い子ってどんな子?

文献の中で「自己肯定感の高い子」についての説明がありました。

自己肯定感の高い子どもは、

・「できる」「大丈夫」「やってみたい」「平気」などのポジティブな言葉をよく使う

・自分の意見をきちんと伝えられる

・むやみに傷つかない

・人にも自分にも寛容(やさしい)

・無用ないさかいはしない

などの共通点があります。

子どもの自己肯定感を高める10の魔法のことば 第一章より

物事を肯定的かつ楽観的に捉え、どんなことでもやりたがり前向きに取り組む姿勢・・・

それは「人生は楽しい」という前向きな気持ちになりやすいんだそうです。

著者の言葉そのままですが、我が子にも

「ハッピーな人生を目指し、楽しい努力を重ねる自己肯定感の高い子ども」

になってほしいと心から思いました。

私(親)が変わる!

バンビ
バンビ

娘を変えようとするんじゃなく、私の声掛けを変えよう!

呪いの言葉(NGワード)を言わないようにする

私は呪いの言葉3つの中から2つ(私の普段の言葉に置き換えてます)に絞って言わないように心がけました。

常に忘れないように付箋に下記の文字を書き、スマホの手帳カバーに1週間張り付けていたのです。

そして、言ってしまった時は数を書くようにしました。

NGワード

✖ 早くしなさい

✖ 宿題しなさい

魔法の言葉を言うように心がけよう

同じように著者が紹介していた自己肯定感を高める魔法の10の言葉についても、付箋にメモをして、

手帳に張り付けていました。

これまで指摘する方が多かった私にとって、褒めたり、心から御礼を言うことはすぐには出来そうにありませんでした。

どうしても、わざとらしくなりそうだったからです。

著者も軽く、明るく、さりげなく」使うことで最大の効果を発揮するとおっしゃっていました。

そこで、

「今日はこれを言ってみようかな?」「使えなかったらしょうがない」と、

難しく考えずに「使えるときに使おう」という風に気楽に考えることにしました。

魔法の10の言葉

1.すごいね

2.さすがだね

3.いいね

4.ありがとう

5.うれしい

6.助かった

7.なるほど

8.知らなかった

9.だいじょうぶ

10.らしくないね

子どもの自己肯定感を高める10の魔法のことば 第二章より
バンビ
バンビ

勉強に関連することだけは「すごいね」「さすがだね」は言ってはダメなので注意です。

私、テスト95点の時につい言ってしまって・・・・思いっきり娘が不機嫌になりました。

テストや勉強に関しては、娘なりの価値観や背景があるので「いいね!」というのが一番良いと実感しました。

声掛けを変えてみて

1週間レポート

<私の場合>

1日目は気を付けていても、3回は「早くしなさい」と言ってしまってしまいました。

その時に「口癖」になっていることに気付きました。

無意識で言ってしまっているなら、何か言おうとする前に一呼吸置こうと決めました。

とはいえ、長年の口癖はなかなか治りません。

ですが、「言ってしまった」こと自体に気付けるようになったことで、その後の言葉を冷静に伝えられるようになり、娘との言い合いが激減した気がしました。

<娘の場合>

「早く」と言わなくなったことで、寝る時間が遅くなりました(21時頃)

とはいえ、今までが早すぎたのかもしれません。

2歳の子に合わせて20時半目標に寝かせていたのです。

少し伸びた夜の時間。寝るまではボール投げなどをして毎日遊ぶようになりました。

「早く」の代わりに「宿題終わったら遊ぶよ~」にすると、なんだか宿題や勉強も集中して終わらせることが出来ているようでした。

2週間後の様子

<私の場合>

恥ずかしながら、相変わらず言い合いのようなことがありました。

中間反抗期ですので反抗的な態度はなくなりません。

そんな時は、「小言」を言いたくなり、「ぐっ」と我慢をしても、結局言ってしまうことも。

ですが、かなり回数が減っています。

「自分の声掛けが自己肯定感を下げている」と常に頭にある事は良い効果を与えてくれました。

<娘の場合>

物事を前向きに捉えることが増えてきた気がします。

例えば、「魚を捌きたい」「このイベントに参加したい」「友達と花火したい」とやりたいことを

どんどん言ってきてくれるようになりました。

宿題を集中的にがんばり、終わった後は自ら見せに来てくれることも増えました。

特にテストは以前は良くても悪くても渡してくれていましたが、

自分なりに頑張ったと思うテストは「褒めて~!」といわんばかりに、1~2年生の頃のようにアピールするようになりました。

そして、記事の冒頭で紹介した娘の実際の言動。

学校行事や友達との関わりが大きく影響するので、たまたまなのかもしれませんが、ほとんど言わなくなりました。

中間反抗期中ですので、反抗的な態度はなくなりませんし、私の反応次第ではヒートアップすることもありますが、これもまた減った気がします。

最後に

現在、自己肯定感を高めるための作戦、3週間目です。

まだまだ私の改善点が多くあり、自己反省の日々です。

ですが、目に見えて変化してきているので継続していきます。

我が家の場合、2歳の子もいるので愛情不足になっていることも否めません。

学校やお友達や勉強など色んな影響を受けている娘ですが、最終的な目標となった 

「ハッピーな人生を目指し、楽しい努力を重ねる自己肯定感の高い子ども」

になってくれるように、これからも取り組んでいきたいと思います!

長文を読んでくださりありがとうございました。

我が子に合った伝え方や関わり方が学べる講座があります。

性格によってコミュニケーション方法が違います。

興味のある方はこちらで分かりますよ!

性格タイプ別ほめ方・タブー
自己肯定感UPの秘訣!

ブログ村に参加しています♪

ポチッとして下さると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バンビちゃんをフォローする
バンビちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました