スポンサーリンク
一人目の治療 不妊治療 二人目の治療

不妊治療(妊活)夫側(ご主人)の質問・疑問

一人目の治療
バンビ<br>ちゃん
バンビ
ちゃん

トータル5年以上不妊治療をしてきたバンビです(^_^)

こちらの記事では、

「奥さんが不妊治療をしている」

どうしてあげたらいいか、悩んでいる

「不妊治療中の妻(奥さん)を支えてあげたいけどどうしたらいいか」

「誰かと悩みを共有したい」

そんな疑問や想いをもつ男性向けに質問形式で答えてみました。

不妊治療をしている当事者が悩んでいるのは当然ですが、一緒にいるパートナーである夫(ご主人)も同じように悩んでいますよね。

きっと私の夫も口には出さないけれど、一人で悩んでいたと思います。

そんな想いから、子供がなかなか出来ない、妻(奥さん)が不妊治療をされている方向けの記事です。

もしくは、

『治療とか、必要ないんじゃない?』

って思われてる方もおられますよね!

念の為に始めの方では簡単に妊娠についても質問形式にして答えています(*^^*)

経験者が答えているだけなので、専門性に欠けるところもあるかもしれません。ご了承ください。

「もっと知りたい」という方は一緒に通院して先生に質問してみてください

順番に統一性がないので、気になるところをクリックしてくださいね!

あくまで一個人の答えです⚠️

悩み中の方
悩み中の方

赤ちゃん、すぐにできると思っていたんだよね。

そもそもなんですぐ妊娠する人となかなか出来ない人がいるの?

バンビ<br>ちゃん
バンビ
ちゃん

そうですよね。

そう思いますよね。

まずは、簡単に妊娠ってどういうことかをザックリと説明しますね。

妊娠(赤ちゃん)ってどうしたらできるの?

卵子と精子が出会うことを「受精」といいます。

「受精」することが出来た後、無事に子宮内に「着床(根を張る)」することが出来た時、妊娠が成立します。

※妊娠について解説した厚生労働省のパンフレット妊娠について(P16 妊娠のしくみ)があります。

PDFで16ページに書かれています。

妊娠ってなぜすぐに成立しないの?

卵子と精子が出会うことは、本当に「奇跡」の繰り返しといっても過言ではありません。

この「奇跡」をなんとかして成立させるのが不妊治療です。

女性側の「卵子」や子宮内の状態と男性側の「精子」の状態、それにタイミングが重要です。

そもそも、この「卵子」を排卵させることや精子を射精すること自体が難しいケースもあります。

本当に一人一人にさまざまな原因があります。

いつ、タイミングをとればいいの?

やむくもに、性行為をすることがいいわけではないようです。

もちろんそうやって授かる人もおられるので、否定はしません。

簡単に言うと、「卵子」と「精子」が出会わないと受精(妊娠するために必須)しないのです。

なので、「卵子の排卵日」が重要になります!

毎月、女性には「生理」があるのはご存じですよね。

その生理がある12日前〜16日前くらいに「排卵日」というものがあります。

この排卵日の前後(1~3日)が妊娠しやすいと言われています。

排卵日を知るにはどうしたらいい?

奥さん(妻)に基礎体温を測ってもらうことで、分かるようになります。

体温を測るだけで「排卵日」を教えてくれる「基礎体温計」があります。

一度測ってみてはいかがでしょうか。

また、世の中には、「排卵予測検査薬」なんていう商品があります。

私は「排卵日」があることを知った時には、病院に受診をしていたので使ったことがありませんが、参考までに載せておきますね。

自然妊娠を目指しているよ!」って方は、この「基礎体温計」と「排卵日予測検査薬」で挑戦されてもいいかもしれませんね。

卵子の状態って大事なの?

精子と出会うために卵子は「排卵」しないといけないのに、卵子がある程度の大きさまで育たないと「排卵」しません。

「卵子育ちなさい!」

っていう脳からの司令も必要だし、 

「排卵しなさい!」

っていう脳からの司令も必要です。 

それが出来てない「排卵障害」っていうのがあります。

基礎体温をつけると分かることが多いですよ。

さらに治療を経て卵子が育っても『中身がなかった』なんてこともありました。

空胞っていうらしいです^^;

「精子」の状態って?

そもそも、無精子症といって精液の中に精子がいない症状(ごくごくわずか)もありますが、、

精子の状態には以下のような症状があります。

乏精子症精液の中に精子はいるけれど、 
その数が少ない症状
精子無力症精子の数は正常にあるけれど、
製造された精子の運動率が
悪い症状

いずれの場合も、妊娠しずらい原因(男性不妊)としてあげられます。

男性不妊には女性不妊と同様一人一人に様々な原因があります。

男性不妊って?

症状から4つに分かれるそうです。

先ほど説明した症状(無精子症など)は造精機能障害にあたります。

性行為自体が不能な勃起不全などは、男性不妊症には含まれないそうです。

病態から4つに大別される

●造精機能障害(精子形成障害)
・特発性造精機能障害 63.2%

精索静脈瘤 25.1%

・染色体異常 2.3%

・(クラインフェルター症候群)(1.7%)

●精路通過障害

 閉塞性無精子症(造精機能正常) 4.9%

●副性器障害

 ・前立腺炎 0.9%

●精機能障害 2.2% 

男性不妊症 – Wikipediaより

男性不妊が原因ってどれくらいの割合?

男性のみにある場合が24%。女性のみが41%。男女ともが24%らしいです。

妊娠適齢期においては、不妊原因の約40%に男性も関与しているとのこと。

WHOによる統計では、加齢を考慮に入れない不妊原因で、原因が男性のみにある場合が24%、女性のみが41%、男女ともが24%、不明が11%と報告されており、妊娠適齢期においては、不妊原因の約40%に男性も関与している[2]

男性不妊症 – Wikipediaより
バンビ<br>ちゃん
バンビ
ちゃん

では、男性側の

質問や疑問に答えていくね!

病院に男の人は行きにくくない?

1人目の時(10年ほど前)は病院に通っているのは、ほぼ女の人だけでした。

ですが、3年前くらいに通っていた時は夫婦で来られている方を沢山見かけましたよ。

純粋に羨ましかったです(^o^)

一緒に通院した方がいい?

私は時間が許すなら一緒に行ってあげた方がいいと思います。

奥さん(パートナー)が嫌がるなら別ですが、

「一緒に頑張ろうって考えてくれてるんだ!」って、感じてもらえるんじゃないでしょうか。

どうしても、1人で通っていると2人の子なのに、「自分だけが頑張っている」って感じたり、孤独になったりするんですよね。

もちろん、毎回なんていいません。

1度だけでも一緒に先生の話を聞いてみてくださいね。

僕も検査を受けた方がいい?

もしかすると、有無を言わさずに病院側から

「精子を検査します。持参して下さい」

って言われるかもしれませんね。

なんだか「嫌だな」と思われる方もおられるかもしれません。

そりゃそうですよね。

私が男なら、なんか嫌です。

その理由はなぜでしょうね。

なんかってなんだろう。

自分が原因かもしれない」と思うから?

面倒だから」と思うから?

本音は色々あると思います。

ですが、お願いです。

奥さん(パートナー)が病院から言われてこられたら、

嫌な顔をせず、冷静に、

「どうしたらいい?」って聞いてあげてくださいね。

「自分が原因だったらどうしよう」

そんな気持ちを常に奥さん(パートナー)さんは抱えておられます。

男性側も自分ごとのように考えられたり、奥さん(パートナー)に寄り添えるいい機会かも。

共に治療に望みたいと願っていた方には、一緒に通院する良い機会かもしれませんね。

僕が原因だったんだよね。申し訳なくて。

原因が分かっただけでも妊娠に一歩近づけたかもしれませんね!

奥さん(パートナー)と話し合った上で治療について話し合われて、治療を決断されたなら、申し訳ないなんて気持ちは必要ないです。

確かに奥さん(パートナー)も通院する必要が出てきますが、きっとそれも受け入れて下さってくれているはず。

気になるなら、お話されてみてはいかがでしょうか。

頑張ってくださいね。

奥さんだけが原因だった。どう声を掛けたらいい?

治療方法についてどんな風にするか、是非聞いてみて下さい。

きっと知ることで声掛けが変わると思います。

注射したり、服薬したり、何度も何度も通院しないといけないんだって知ることで、『ありがとう』の気持ちが自然と出てくると思います。

私は夫に、『二人の子供のために、いつもありがとう』って言ってもらえて、それだけで嬉しかったです。

今月もリセット(生理がくる)したみたい。声掛けは?

そうなんですね。とてもつらいですね。

私は夫に連絡するのでさえも毎回辛かったです。

いざ、連絡した後はやはり返事を気にしちゃいました。

例えばこんな感じではいかがでしょうか。

『連絡くれてありがとう。』

『とても残念だけと、〇〇が心配。大丈夫?』

『次の休みにどこか気晴らしにでも行こうか?』

『今日は二人でゆっくり美味しいものでも食べたり、映画でも見ようか』

『いつもありがとうね』

あくまで私の意見なので、奥さん(パートナー)が喜ぶかは分かりません^^;

ですが、ぜひ寄り添ってあげてくださいね。二人の子の話なので。。。

一緒になにができる?

奥さん(パートナー)が健康を気にされていて、運動やヨガなどされているなら一緒にするのはいかがでしょうか?

もしくは、食生活を改善しようと思われてるなら、一緒に料理をする時間を作るのも良いかもしれません。

または、サプリメントを飲まれているなら、一緒に継続して飲んでみる。

私はサプリメントを飲んでいて、夫にも飲んでもらっていましたよ(^o^)

治療ってしんどいの?

どんな治療をするか知っておられても、薬の副作用や注射針の痛さまではわからないですよね。

薬の副作用で吐き気や頭痛など、色々あります。私は卵巣が腫れたりして、点滴を受けに何度か病院に行きました。

身体の痛みよりも精神的なしんどさもあります。

妊婦さんをみかけたり、お子さんを見かけたり、妊娠したと話を聞くだけで気持ちはしんどくなったりします。

そんな自分を攻めてしまう時もあります。

それは、特別なことではありません。

ですが、言葉にして人には言いにくいものです。

落ち込んでいる様子が見られたら、そっと抱きしめてあげて下さいね。

治療をやめないかって言ってはだめ?

そんなことはありません。

奥さん(パートナー)のことを考えてのことなら、その理由をしっかり話してあげて下さい。

普段、寄り添ってない人から言われたら『なんでそんなこと言うのー!!』って怒られるかもしれないので、ご自身の行動を振り返ってくださいね(^_^;)

とはいっても、私も辞め時みたいなのが一度ありました。

でも、本音では辞めたくなかったので、話してくれても、続けたいと言っていたと思います。

奥さん(パートナー)が同様のことを話されたら、その気持ちを一度受け止めて、話し合ってくださいね。


バンビ<br>ちゃん
バンビ
ちゃん

以上、男性側の質問や疑問に答えてみた!でした。

不妊治療は先が見えない治療です。薬の副作用もあって、イライラしちゃうこともあります。その時はどうぞ、許してあげてください。

道のりは長いかもしれませんが、夫婦で寄り添って向き合っていってくださいね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました