スポンサーリンク
子育て

家族で夏キャンプデビュー 2歳連れでも大丈夫? 体験談編

子育て
バンビ
バンビ

こんにちわ♪

この夏(2021年7月)、2歳1カ月の息子を連れて家族4人で初のキャンプに行きました!

家族構成は『夫・私・10歳娘・2歳息子』です。

イヤイヤ期絶頂期の2歳を連れて・・・大丈夫?

結論的には、イヤイヤモードが何度か到来しつつも一泊二日のテント泊を楽しむことが出来ました(^_-)-☆

「これからキャンプに行こう!」と考えている方の参考になれば幸いです!

記事の概要

記事の概要

・夏キャンプデビューのきっかけと準備

・イヤイヤ期の2歳のキャンプ場での様子

キャンプに行くきっかけ

この夏のキャンプは我が家にとって初。

イヤイヤ期絶頂期の2歳の息子を連れてでもキャンプデビューをした理由!

それは、中間反抗期中の娘の自己肯定感を高める為(*´▽`*)

もしご興味がある方は、下記の記事をご覧下さい。

キャンプでの目標

キャンプに行こうと考えたきっかけ編の記事にも書いていますが、

今回のキャンプは中間反抗期の娘の自己肯定感を高める作戦の一環です。

とはいえ、初キャンプ♪

バンビ
バンビ

川遊び♪海遊び♪キャンプ飯♪

飯ごうで炊いたカレー食べたら美味しいだろうな~

ですが、目的をただ一つに絞りました。

「テントを設営し、寝る!」

なぜなら、

今回はイヤイヤ期絶頂期の2歳がいます。

戦力となるはずの大人1人は見守り専門となります。

戦力は大人1人と10歳の娘だけ!

・・・・・中間反抗期中の10歳の娘も怪しい部分あり(..)

ということで、今回は

「テントを設営し、寝る!」

ここを達成出来たら100点満点ということにしたのです♪

キャンプの準備

「キャンプに行こう!」と決めたのは休日が取れた1〜2週間前

目的のところにも書きましたが、「テントを設営し、寝る!」ことさえできたらいい。

そう考えてはいましたが、いざ準備を始めると色々悩むことが多かったです。

熱中症注意報が出ているような時期だったので、暑さ対策にも悩みました。

どんな準備をしたのか、「必要だったもの、必要なかったもの」をこちらの記事で紹介しています。

ちなみに、2歳の子向けに用意したものって・・・・

DVDプレイヤーと3輪のキックボード(椅子付き)やシャボン玉セットくらいです♪

いずれも、、、ほぼ使いませんでした(^▽^;)

キャンプ場での過ごし方

目的を定める前は、朝の10時にチェックインをして、翌日の15時にチェックアウトをしようと考え予約をしていました。

ですが、テントを設営し、寝る!ことだけを目的にしたので、スケジュールはかなり短めにしました。

計画変更後は14時着予定でしたが、朝からそわそわしてしまい、早めに出ることに・・・

1日目

9時半 出発

11時半 到着

11時半以降 テントサイトの見学

     キャンプ場内の施設で遊ぶ(遊具・散歩等)

16時  チェックイン

16時半 テント設営 ←イヤイヤモード最高潮

18時 バーベキュー

19時40分 シャワー

20時  虫取り ←クワガタ3匹GETで大興奮!

21時  就寝 ←朝方、夜泣きしかけ2度

2日目

6時頃 起床

7時頃 片付け 

7時半 散歩 

8時半 チェックアウト ←イヤイヤモード

9時  キャンプ場を出発

バンビ
バンビ

イヤイヤモードしっかり出ちゃってました<(_ _)>

キャンプ場での様子(2歳の息子編)

楽しみ方

木のトンネルを見つけた息子さん。ひたすらくぐって遊んでます♪

日中の様子をみていると、どうやら、

自然さえあればそれでいい。

そんな感じでした(*´▽`*)

上記の写真のように、自然にできた木のトンネルを見つけると、ひたすらくぐって楽しんでいました。

キャンプ場には遊具や古い電車もあって、そこでも走り回って遊んだりもしていましたが、

ただアリやチョウなどの昆虫さえいたら楽しめるようです♪

夜にはクワガタ3匹を見つけて、大興奮!

現地では、少し年上のお友達も出来て、一緒に遊んだりもしました。

朝の散歩の様子です♪

椅子付きのキックボードを持参したりもしましたが、散歩するだけで楽しくて仕方ない様子でした!

イヤイヤモードの対応

何度か訪れたイヤイヤモード

遊び疲れた夕方ごろ。

眠さもあってか泣いて泣いて大変でした。

ちょうど、チェックインをした16時頃。

テントサイトには、

バーベキューを楽しむカップルやソロキャンパー等など・・。

鳴り響く我が子の泣き声

抱っこをしても泣く。何をしても泣くモード・・・

バンビ
バンビ

とりあえず・・・違うとこに行ってくる。

いたたまれず、私(母)と2歳の息子はテントサイトを離れました。

そして、テント設営は夫と娘に任せることに。

ふ・・不安しかない。

それは同じテントサイトの方々もそう思っていたことでしょう。。。(スイマセン)

テントが出来上がっていなかったので、寝かせることも出来ず困りました。

そして、最終手段を使うことにしたのです。

最終手段とは「授乳」です。

下記の記事でも紹介していますが「卒乳」することにしたので、まだ授乳をしているのです(..)

ということで、授乳をした私。

2歳の息子はすぐに笑顔になって、散歩を楽しみ始めました(*^^*)

2日目にもイヤイヤモードが訪れるのですが、そこはなんとか散歩で乗り切りました♪

とにかく、他のキャンパーさんへのご迷惑になることだけは避けたかったので、

最終手段があって良かったと心から思ったのでした。

夜泣き対策

お昼寝が出来なかったので、20時半には深い眠りに入ってくれました。

ですが、朝方に2度ほど夜泣きが始まりそうに

普段からも朝方に何度か目が覚めます。

やはり、キャンプ場でもありました。

かなり大きな声が出るので、気が気じゃなく、私は若干の寝不足気味。

ここでも、声が出かけた瞬間に添い乳をして乗り切りました(;’∀’)

卒乳」してたら、どうなっていたのでしょう。

そもそも「夜泣き」もなかったかもしれませんが・・・。

ただ、上の子はこの頃「断乳」済みで「夜泣き」があり大変苦労しました。

ですので、断乳済みだった場合はテントを諦め「ログハウス」「ロッジ」「コテージ」を選択していたかもしれません。

全体的な感想(良かったことなど)

テントサイトの夜の利用は我が家を含めて3組のみ

利用客が少なくて助かった

熱中症注意報が出ているような夏の時期。

テントで寝ようとする人はいませんよね。

日中は4組ほどいましたが、夜の利用は10区画中3組しか宿泊者はいませんでした。

でもそれがとってもラッキーでした!!!

両隣の区画にはお客さんがおられなかったので、2歳の息子がうろうろしても気にしなくて良かったのです!!!

日中は利用されている方がいたので、お隣の区画に侵入しそうでヒヤヒヤしました。

実際は「入っちゃダメ」と1~2度声掛けをすると入らなかったのですが、

走り回るのが仕事のような2歳に言い続けるのもかわいそうだったので、

お隣のお客さんが帰られたときは心の底から喜びました(^▽^;)

夜の気温は快適な22度。

昼の間は32℃ほどあったキャンプ場ですが、夜は22℃前後まで下がりました。

標高300mほどのキャンプ場だったので、夜はこれだけ気温が下がったのです。

暑さ対策で持参した手作り冷却器や扇風機も必要なく、タオルケットのみでぐっすり眠ることが出来ました♪

手作り冷却器とは☆

100円均一の商品で作りました。

ご興味のある方はこちらの記事をご覧ください♪

自然があれば楽しめる

2歳児ってこんなに自然で遊べるんだな~と実感しました。

もともとあまり2歳の子向けに準備したものはなかったのすが、

とにかく自然で遊ぶためのグッズ(虫取り網など)さえあればいいんだと思いました♪

全体的な感想(改善点・反省点など)

片付け中の様子

メディアの力を使う

キャンプ場にまで来てメディアの力を使ってしまいました。

朝の起床が5時台と早い我が家。

この日も息子が目覚めて沢山喋りだしました。

両隣にはお客さんがいないとはいえ、2組泊まられている方がいます。

散歩に行くにも早すぎるので、YouTubeを見せることに。

さらにその延長でお片付け中にも見せていました。

サクサク進むお片付け。

でも、ここはちょっと改善点です(..)

テントはワンタッチテントがいい

今回の目的は「テントを設営し、寝る」ことでした。

無事にテント設営が出来て、さらに娘主導で出来たことで経験値アップにも繋がりました。

ですが、どうしても大人2人以上は必要ですし、時間もかかる。

大人2人と幼い子連れでのキャンプの場合は、ワンタッチテントをお勧めいたします(*^^*)

我が家も購入するならワンタッチにしようと心に決めたのでした・・・。

番外編(10歳の娘の様子)

今回のキャンプは

中間反抗期中の10歳の娘の自己肯定感を高めたい!」という目的もあり決行しました。

「テントを設営し、寝る!」という目標は達成しましたが、色々大変なことも。

10歳娘のキャンプの様子をまとめた記事ですが、良ければご覧ください♪

バンビ
バンビ

最後までご覧くださりありがとうございました♪

2歳連れのキャンプ、いかがだったでしょうか。

どなたかの参考になれば幸いです(*^^*)

ありがとうございました!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました